Factory fresh pure Ceylon Tea

インド洋に浮かぶ小さな島国「スリランカ」。スリランカの旧国名「セイロン」は紅茶の代名詞として残っており、セイロンティーの名で世界中で親しまれています。セイロンティーは水色、味、香りの3要素のバランスが良く、クセのないマイルドな味わいで、ストレートはもちろん、ミルクやジンジャーを入れるなど幅広いバリエーションでお楽しみいただけます。

Tea leaf grade

スリランカにおける紅茶の栽培は標高により3つに区分されます。中でも標高1,300m以上の茶園や製茶工場で生産される高地産(ハイ・グロウン)の紅茶は高級品にランクされており、andasandaで取り扱っているディンブラやヌワラエリヤはハイ・グロウンに区分されています。数種類ある紅茶のグレード(茶葉の形状と大きさの区分)の中から、andasandaでは3種類のグレードを用意しています。

--------------------

FP(フラワリーペコー)
芯芽を多く含むペコーの上級品です。淡く透き通った水色で甘い香味が特徴です。

BOP(ブロークンオレンジペコー)
オレンジペコーの茶葉をカットしたものです。水色は深く香りも優れています。

BOPF(ブロークンオレンジペコーファニングス)
BOPをさらに細かくカットしたものです。水色は深く早く抽出されます。

SYMBOL OF QUALITY

紅茶のパッケージに「ライオンのマーク」が付いているのを見かけたことはありますか?これはスリランカ紅茶局の一定の基準を満たしている100%純正のセイロンティーであることを証明するロゴです。良質なセイロンティーを選ぶ判断のひとつとして是非チェックしてみて下さい。