Factory fresh pure Ceylon Tea

インド洋に浮かぶ小さな島国「スリランカ」。スリランカの旧国名「セイロン」は紅茶の代名詞として残っており、セイロンティーの名で世界中で親しまれています。セイロンティーは水色、味、香りの3要素のバランスが良く、クセのないマイルドな味わいで、ストレートはもちろん、ミルクやジンジャーを入れるなど幅広いバリエーションでお楽しみいただけます。

Tea leaf grade

スリランカにおける紅茶の栽培は標高により3つに区分されます。中でも標高1,300m以上の茶園や製茶工場で生産される高地産(ハイ・グロウン)の紅茶は高級品にランクされており、andasandaで取り扱っているディンブラやヌワラエリヤはハイ・グロウンに区分されています。数種類ある紅茶のグレード(茶葉の形状と大きさの区分)の中から、andasandaでは4種類のグレードを用意しています。

--------------------

FP(フラワリーペコー)
芯芽を多く含むペコーの上級品です。淡く透き通った水色で甘い香味が特徴です。

 

OP(オレンジペコー)

枝先から2番目の若い葉でフルリーフタイプの茶葉です。じっくり抽出することで豊かな甘味を感じます。

 

BOP(ブロークンオレンジペコー)
オレンジペコーの茶葉をカットしたものです。水色は深く香りも優れています。

BOPF(ブロークンオレンジペコーファニングス)
BOPをさらに細かくカットしたものです。水色は深く早く抽出されます。

TEA REGIONS

 

スリランカでは現在7つの産地の紅茶が

栽培されておりますが、andasandaでは

その内の5大産地の紅茶をご用意しております。産地ごとに異なる特徴と魅力があり、標高の違いによって高地産、中地産、低地産に分けられます。

 

高地産のウバ、ヌワラエリヤ、ディンブラはしっかりとした渋みとコクがあり豊かな香りが特徴です。

 

中地産のキャンディはクセが少なくソフトな味わいの中に深いコクを感じます。

 

低地産のルフナは緩やかな渋みながら濃厚な味わいと甘い風味があります。

 

茶葉の買付については、現地パートナーが納得のいった物を買付しており、出来によっては新茶を購入しないこともあります。


 

ハイグロウンティー

標高1700m

 

 クオリティーシーズン:8月~9

ウバフレーバーとも云われる、ほのかなメンソール

な味わいが特徴

BOPをご用意しています。  

 


 

ハイグロウンティー

標高18002000m

 

 クオリティ-シーズン1月~2

朝晩の寒暖の差が激しい地域

スッキリした味わいと繊細な香が特徴

FPをご用意しています。  

 


 

ハイグロウンティー

標高1700m

 

 クオリティーシーズン:2月~3

最もポピュラーな王道のセイロンティー

BOP/BOPFをご用意しています。

BOPFは是非ミルクティーで

  



 

ミディアムグロウンティー

標高800m1200m

 

 通年収穫

セイロンティー発祥の地

 コクが強くミルクティー向き

BOPをご用意しています。

 


 

ローグロウンティー

標高750m以下

 

通年収穫

低地で気温も高いため大ぶりの葉が育ちます。

 濃厚でミルクティー向き

OPをご用意しています。